人前で話す力 “パブリックスピーキング”

[`evernote` not found]
Share on GREE

人前で話す力 “パブリックスピーキング”こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

今日は、
「人前で話す力」
についてお話します。

「一人起業に大切な5つのこと」は

●起業家マインド
●マーケティング
●セールス
●コピーライティング
●パブリックスピーキング

でしたが、
覚えてますか?

今日は、つまり最後の
パブリックスピーキングについて
ということですね。

パブリックスピーキング、
呼んで字のごとく、

「公衆(みんな)の前で話す」
とうことになります。

ある程度の人数の人の前で話す、
ですね。

これは、

コーチやコンサルタントの方であれば、
セミナーをしないといけないし、
(セミナーをしないと、
見込み客と出会えず、契約にいたらないので)

サロン系の人であれば、
体験会やお茶会、交流会などを開くと思いますし、

スクール経営の人も
学校説明会や体験会、見学会をやりますので、

いずれにしても、
「人前で話す力」は必要になります。

佐野が最初にセミナーをしたのは、
2011年の3月、
「初心者のためのFacebookセミナー」
でした。

2時間のセミナーでしたが、

初めての時は、
時間配分がわからず
どんなスピードでやっていけばいいのか、
五里霧中の状態です。

ですが、これは、
慣れれば大丈夫です。

慣れると、
1時間なら、この位の分量が話せて、
スピードはこの位、

2時間なら、このくらい・・・

と予想がつくようになります。

まず、
慣れてください。

これも、
コピーライティングと同じで
数稽古です。

場数を踏んでください。
それで、
1点大切なことを話ますね。

それは、
セミナーや説明会で
————————————–
「ノウハウなどの
説明・解説だけしていてはいけない」
————————————–
ということです。

どういうことかと言うと、
——————————-
「感情を揺さぶる箇所を作る」
——————————-
ということです。

具体的にいうと
●なぜ、この仕事をしているのか
●なぜ、サロンやスクールを開業するにいたったか
●なぜ、今このセミナー・説明会をおこなっているか
などのバックグランド、

つまり自分の物語
「マイストーリー」を語って
聞いてる人の感情に話かけます。

聞いてる人を
共感・感動させてください。

自分の苦労や挫折話、
そしてそれを乗り越えた話、

また
この事業にかける熱い想い
こんな人や社会に貢献したいという想い
などなど。

ちょっと
思い出してみてください。

いいセミナー、講演は
絶対に「お涙ちょうだいシーン」が
盛り込まれているはずです。
(ちょっと言葉悪いですけど)

いい情報・ノウハウ・技術は
もちろんのこと、

それに「共感・感動」できる
「マイストーリー」を語る。

これが、
仕事の取れる話し方です。

心理学・脳科学でも
人は時間軸を持った話に
心とらわれることがわかっています。
これまで、
セミナー、説明会、講演で
かなりいいことを話しているつもりなのに、

なぜか、
契約率・入学率が低いと思う人は、

「マイストーリーで感動させる」
というところが
欠けてたんですね。

ぜひ、
聴衆の心を
揺さぶってみてください。

揺さぶれるように
練習してください。

そういえば、
オバマ大統領もうまいですね。
聴衆の心を揺さぶるの。

それでは、
今日は、この辺にいたします。

また、次回^^

カテゴリー: 未分類   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">