ランチ会とWeb集客の関係とは?

[`evernote` not found]
Share on GREE

ランチ会とWeb集客の関係とは?こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

先日、
ソーシャル友達の進藤卓哉さんのお店
「トラットリア・カンティーニ」で
東京イタメシ・ランチ交流会を開催しました。

私を含め
8人の人に集まっていただき、
とても楽しい会になりました。
ありがとうございます。

これまで、
不定期に開催してきたので、

これからは、
基本第3火曜日と決めました。

参加されたい人は
ご記憶していただくと
嬉しいです。

それで、昨日面白かったのは、
前日に2人の方が申し込まれたのですが、

その2人は、
私と面識がない方でした。

2人とも、
Webで私のブログや申し込みページを見つけて
それで、申し込まれたということです。

そんな電光石火なこともあるもんなんだと
ちょっとびっくりしたくらいです。
(やることが早い人は、成功しますよ!)

一人の方は男性で、
「交流会」を検索して探した、
ということです。

私は、これまで
あまり意識してなかったんですが、

「交流会」「ランチ会」を
検索して探している人が
いるんですね。

「交流会 東京」
「ランチ会 東京」で検索しても、
私のページは上位には来ていませんが、

「ランチ交流会」
または「交流会 東京 ランチ」だと
私の「東京イタメシ・ランチ交流会」の
Facebookページが第1位、

「ランチ交流会 東京」だと
第2位にきています。

SEO、効いてますね。

(SEOを知らない人のために解説しますね。

SEOはエスイーオーと読み、
Search Engine Optimizationの略で
日本語で「検索エンジン最適化」といいます。

検索した時、自分のページが上位表示するよう
対策すること、またはその効果のことです。

FacebookページはSEO効果が高いので、
検索キーワードをいれたページは必須です)

いままで、ランチ会は
SEOすると意識してなかったので、
これからはきちんと対応しようと思います。

で、もう一人の方は女性で、
彼女は、「にほんブログ村」で
私のブログを探し出してくれたそうです。

「にほんブログ村」はこちら
http://www.blogmura.com/

普段、私のクライアントさんには、
自分のブログを
「にほんブログ村」に登録するように言っています。

その理由は、
にほんブログ村から自分サイトへの
「バックリンク(被リンク)」ができるためです。

日本ブログ村から
自分のブログへリンクが貼られるということですね。

このリンクが貼られていれば、
グーグルの検索ロボットに探し出されやすくなります。

そして、貼られたリンクの数が多ければ多いほど
いろんなサイトに紹介されているということになり、

いいサイトという評価をもらって、
検索順位が上がる可能性が高くなる
というわけです。

なんですが、

この女性のように「にほんブログ村」の中で
自分の好きなブログを探している人がいる
ということはあまり意識していませんでした。

確かに知人の何人かは
ランキングの上位に表示されています。

いろんなランキングが
あるんですが、

ランキングのカテゴリーの選び方や
その順位についてももう一度
見直してみようと思いました。

また、Facebookでは、
私を含め数人の人が
写真をシェアしたりコメントしたりしてくれたので、
多くのところに露出、

その結果
Facebook内に「東京イタメシ・ランチ交流会」
というグループがあるんですが、

そこに新規の人が4名、
参加申請してくれました。

自分で集客するのではなくて、
自分を探し出してくれる仕組みを持つ、
この重要性を改めて感じた1日でした。

長くなりましたので、
今日は、この辺で。

また、次回^^

カテゴリー: ランチ会, 異業種交流会   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">