ブログとメルマガの書き分け方(その1)

[`evernote` not found]
Share on GREE

ブログとメルマガの書き分け方(その1)こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

今日は、
「ブログとメルマガの書き分け方」
についてお伝えします。

まず、
結論から言うと、

ブログとメルマガは
同じ内容でも構いません。

というのも、
ブログとメルマガ、
両方を見ている人は少ないですし、

私の周りでも
同じ内容にしている人も多く、

それでも、

「ブログとメルマガ、
同じ内容じゃないですか」
と苦情があったということは
聞いたことがありません。

それを前提として、
お話しします。

まずは、
気が軽くなりました?

それで、
現在こんな4種類の人がいます。

—————————————
1.メルマガを書いて配信し、
 それをそのままブログにあげている。
 (ブログ・メルマガ同一派)

2.ブログをメインに頻繁に書いて更新し、
 その中から抜粋、編集しなおして
 メルマガにしている。
 (ブログ・メイン派)

3.メルマガをメインに頻繁に書いて、
 その中から抜粋、編集しなおして
 ブログに上げている。
 (メルマガ・メイン派)

4.ブログとメルマガを
 完全に切り分け、別々に書いている。
 (ブログ・メルマガ完全別派)
—————————————

では、解説していきますね。

1番のブログ・メルマガ同一派は、
冒頭に言ったように結構います。

これは、
ブログとメルマガを
書き分ける必要はないですね。

2番と3番ですが、

これは、
ブログかメルマガの一方をメインにして、
後で手直しして、
もう一方にするということですね。

それで、
私の周りを見ていて思うのは、

ブログが
「アメブロ」の人が
ブログ・メイン派に

「WordPress」の人が
メルマガ・メイン派に
なるようです。

というのも、
アメブロとWordPressの
集客の特性が違うためですね。

アメブロは、
読者とつながっている
いわばSNSのようなブログなので、

毎日のように更新すると
つながっている読者にお知らせが行くので
アクセスが稼げる。

そのため、
アマブロが毎日更新になって、
メルマガはサブになる。

一方、
WordPressは、
狙った検索ワードで
上位表示させるので、

頻繁にブログを更新するより、
きとんと上位表示されて
内容もいい記事のアップが必要なので、

メルマガ主体で書いて、

後でキーワードや記事内容などを
推敲して
WordPressにあげることになる。

佐野はどうかというと、

ブログがWordPressなので、
メルマガ・メイン派です。

メルマガを平日毎日書いて、
ブログに上げる時、
推敲して修正をかけます。

これは、
ブログでは検索されることを
意識するためです。

メルマガのタイトルで、
——————————–
庄屋と小作農、どっちがいい?
——————————–
というのがありましたが、

ブログに上げた時は、
——————————–
プラットフォーム戦略の昔話
——————————–
です。

なぜ、
こんなに変えているのかと言うと、

メルマガでは、
検索は関係ないので、
クリックして開いてもらうことを狙って、
面白い意味深なタイトルにしています。

しかし
ブログでは、
検索されないことには意味がないので、
——————————–
「プラットフォーム戦略」
——————————–
といキーワードを入れました。

記事の内容は、
同じです。

最後に4番の
ブログ・メルマガ完全別派についてですが、

今日は、長くなりましたので、
次回にしますね。

それでは、次回^^

佐野芳己

追伸

人を導き、改善・向上させる
コーチ、コンサルタント、セラピスト、
サロン経営者・スクール経営者向けに、

無料マーケティング・メルマガ「CR通信」
平日毎日・発行しています。

詳細・ご登録は、こちらから。

カテゴリー: コピーライティング, ブログ・メルマガの書き方   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">