アイデア作りの5つのハードル

[`evernote` not found]
Share on GREE

アイデア作りの5つのハードルこんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

さて、昨日まで
広告の話でしたが、

今日も広告の話で
いきますね。

もし、クリエイターで
一番すごい人は誰?
と聞かれたら、

僕は
レオナルド・ダ・ヴィンチ
と答えるけど、

広告業界では誰?と
聞かれたら、

アートディクターの
大貫卓也氏と答えます。

ほとんどの方は、
大貫さんのことを知らないと思うので、
ご紹介しておくと、

大貫さんは
少し前に活躍された人で、

代表作として、

新潮文庫のパンダが出てくる
「Yonda?」キャンペーン、

ペプシコーラの
ペプシマン、

原始人が出てきて
「Hungry? 」
という日清カップヌードル、

としまえんの広告、

資生堂
「TSUBAKI」

などを企画デザイン
された方です。

また、

ユニクロの
アートディレクションで有名な
佐藤可士和氏の
師匠でもあります。

その
大貫さんが
「アイデア作りの5つのハードル」
というのがありますので、

シェアしたいと
思います。
それは、

●目立つこと

●違うこと

●わかりりやすいこと

●企業・商品のシズルがあること

●商品が動くこと

です。

 

4つめに「シズル」
と言う言葉がありますね。

これは、
広告業界の用語で、

英語で「sizzle」と書き、

一般的には、
ステーキなどの肉や揚げたての食べ物が
ジュージューと音をたてていること
を意味し、
転じて、

食欲や購買意欲を刺激する、
そそる要素のこと
言います。

さて、この5つのハードルを
自分のビジネスに
適用してみると、
こうなります。

●自分のビジネスは
 他から目立っているか?

●自分のビジネスは、他とは違うか?
 以前のものとは、違っているか?

●自分のビジネスは、
 わかりやすいか?

●自分のビジネスは、
 見込み客から見て
 購買意欲が多いにそそられるものか?

●自分のビジネスの宣伝PR活動は、
 商品がきちんと動く(買われる)
 ものであるか?

大貫氏いわく、

ひとつひとつをクリアするのは
難しくないけど、
一度に5つのハードルを越えるは

なかなか難しい。

確かに、

他と違って目立つようにすると
わかりにくくなったり、

わかりやすくすると、
ありきたりになったり・・・

ぜひ、
自分の強みが活かせて、

未だ市場で
満たされていないものを見つけて

ビジネス化してみましょう。
5つを超えて、
ブレイクスル―して
いきましょう。

それでは、
今日はこの辺で。

また、明日です^^

カテゴリー: アイデア作り, 広告宣伝, 心構え・マインドセット   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">