「USP」をきちんと理解してますか?

[`evernote` not found]
Share on GREE

「USP」をきちんと理解してますか?こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

表題にもあるように
今日はUSPについてです。

というのも、今、
ロッサー・リーブスの名著
———————————————————–
「USP 
 〜売り上げに直結させる絶対不変の法則〜」
http://urx.nu/59EN
———————————————————–
を再読してるんですね。

USPとは、ご存知の方も多いと思いますが、
Unique Selling Proposition
(ユニーク・セリング・プロポジション)
の略で、

日本語では、
「独自の売りの提案」と
訳されますね。

でも、多くの人が、
USPを強みと理解し、

さらに、

Unique(ユニーク、独自の)
という観点を忘れているというか、
認識していないです。

ユニークを「独自」と訳すと
ちょっと意味が弱いので、
「唯一無二の」と訳す方がいいですね。

なので、
USPを正しく定義すると
—————————-
「他の誰も提供していない
 唯一無二の売りの提案」
—————————-
です。

みんなUSPが大事と
言っているんですが、

「他の誰も提供していない唯一無二の」
というところまで行っていないので、

弱いというか、
USPになっていないんです。

具体的な例がないとわかりにくいので、
私の場合でお話ししますね。

私のUSPは、
————————————-
サロン経営者・セラピストのための
スクール開業・集客支援
————————————-
です。

エステ、整体、足つぼなどの施術家や
漢方・薬膳料理などをやってらっしゃる方、
心理セラピスト・カウンセラーといった人向けの
スクール開業・集客支援です。

サブ的に
「サロンの開業・集客支援」
「コーチやコンサルタント、セラピストの起業・集客支援」
も行なっていますが、
これは、あくまでもサブです。

こちらのサブの方は
いろんな人がいっぱいやっているので、
それだけでは、USPにならないんです。

また、
スクール・コンサルタントとか、
スクール開業・集客支援というと

通常
●学習塾
●英会話教室
向けで、
いろんな方がいます。

そして、
●サロンの開業・集客支援
をしている人もいっぱいいます。

ところが、
————————————-
サロン経営者・セラピストのための
スクール開業・集客支援
————————————-
を打ち出している人は
今のところ私一人のようです。
(というか、狙っているわけですが)

アメブロの中には、
「教室集客」をうたっている人もいますが、
こちらは、
ビーズやアクセサリーといった
女性向けの趣味的な教室がメインです。

私の場合、
サロンを1〜数件すでに経営していて
そこからスクールを作るという方が
メインです。

先日も
動物病院とペットショップを経営されている人が
トリミングスクールを開業したい
ということで、

私のブログ経由で問い合わせがあり、
個別面談をしました。

起業支援・新規事業支援
と言えばそうですが、

その問題を抱えている人は
より専門的な人の意見を聞こうとしますので、

今の私は、
こういった人の受皿に
なっているということですね。

また、
スクールのロゴマークや学校案内、
ホームページやブログなど、
仕事が大型化するのも
特徴です。

では、
まとめます。

●自分には強みが無いと言う人がいますが、
USPは作り出すものです。

●ほんの少しでも
ターゲットや領域をずらす、または絞る、
あるいは、
今は別々に提供されているサービスを一緒にするなどして、
需要があるのに、まだ市場で供給されていないサービスを
作り出してください。それが、USPになります。

USPが出来ていなければ、ネット集客はできない、
と認識してください。
USPが固まっていないと、
アメブロやFacebokでの集客活動は、徒労に終わります。

それでは、今日は、
ここまでにしますね。

では、また^^

カテゴリー: USP, 差別化   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">