弟子とビジネスモデル

[`evernote` not found]
Share on GREE

弟子とビジネスモデルこんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

今日は、
自分のお弟子さんについてです。

「自分は、まだまだだから、
弟子を取るなんて」
と思われる人も多いかと思いますが、
一度イメージしてみてください。

スクール事業を展開するということは、
いわば「弟子を取る」というのと
同義ですよね。

でも、言葉が変わると
印象も変わりますね。

それで、
「弟子を取る」と仮定すると

まず、

●お弟子さんに何を教えるのか
と考え始めます。

そして、
●お弟子さんに自分は何を伝えたいのか、
 他に似た職業があるなかで、
 自分なりの形は何か
を考えます。

なので、
—————————————-
「次の人に手渡したいこと」を意識すると、
自分の本当にしたいことや強みが
よりハッキリとわかってくる
—————————————-
と思います。

また、
●お弟子さんが困らないように
稼げるようにしてあげないといけないし

つまり、
——————————
ビジネスモデルがちゃんとしてるか
——————————
を考え、

●お弟子さんの立場で考える
ので、

————————–
他人の視点、
他人への貢献の視点で
自分のビジネスを見られる
————————–
ようになります。

あと、よく
——————————
人に教えるのが一番の学びになる
——————————
といわれますし、

なにより
お弟子さんが追いかけてくるので、
自分ももっと早く大きく成長していかないといけなくなり
—————————–
成長のスピードが高まる
—————————–
ことになります。

ブログやメルマガを書いたり、
セミナーしたりと

きちんとやって
お手本を見せていかないといけない
ですしね。

まだまだ、と思っていても
一度イメージしてみて、
自分のビジネスを
見直してみてはいかがしょうか?

リアルに
イメージできますか?

お弟子さんが増えるということは、
自分のビジネスが
発展するということですよ。

より発展する形に
イメージしてみてくださいね。

それでは、
今日は、この辺で。

また、次回です^^

追伸
ビジネスに家元制度を導入、
「新・家元制度」というビジネスモデルを作り出した
前田出(まえだいずる)さんという
有名なコンサルタントがいます。

現在は、さらに昇華させて、
協会ビジネスの立ち上げの支援をされています。

彼が、新刊本を出版されました。
ご興味ある方は、ぜひご一読くださいませ^^

非常にためになる一冊です。

「学び」を「仕組み」に変える新・家元制度(前田出・著)
http://amzn.to/174JLFQ

 

カテゴリー: スクール開業・集客支援, ビジネスモデル   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">