自分のビリーフ(信じ込み、思い込み)を打ち破る方法 

[`evernote` not found]
Share on GREE

自分のビリーフ(信じ込み、思い込み)を打ち破る方法  

こんにちは。

自宅サロン・個人サロンなど
サロン経営者・セラピストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

昨日の22時過ぎに
ドバイより帰国、
羽田空港に到着しました。

今回のドバイは
ビジネス視察に行ったんですが、
本当に楽しく、

かつインパクトのある旅となりました。

帰国の前々日は、
グランドハイアットドバイで、
ドバイにいる日本人経営者の方々と
会食をしました。

グランドハイアットドバイ夕食

非常に楽しく
盛り上がったんですが、

そのグランドハイアットドバイのロビーに
なんとジャングルが出来ていて、
川も流れていました(驚)

グランドハイアットドバイ・ジャングル

グランドハイアットドバイ・ジャングル2

帰国の前日は、
ドバイからアブダビへ移動し、
世界最大のモスクに参拝、

アブダビモスク

そのあと、
7つ星ホテルである
エミレーツパレスホテルで
お茶しました。

ロビーは金一色で
絢爛豪華、

アブダビお茶

アブダビカプチーノ

アブダビロビー佐野

なんと
金の自動販売機まで
ありました。
さらにビックリ。

アブダビ金の自動販売機

どこまで行っても、
予想を超える
豪華な驚きの連続です(笑)

アブダビロビー

アブダビクリスマスツリー

アブダビ玄関

無駄に大きく、
無駄に豪華。

以前の自分であれば、
そんなものは無駄だ
と思っていました。

金一色のキンキラは
どこか成金的で趣味が悪い
と思っていました。

ところが
現実となって見てみると、

無駄に大きく、
無駄に豪華なものは、
非常に大きなインパクトを持っていました。 

無駄と思えるような
知性が働いているような状態ではなく、

ただ度肝を抜かれるような
インパクトです。

キンキラの世界も
ここまで突き抜けると非常に落ち着き

逆にシックで高貴な感じを与えます。

創造以上に大きさに
創造以上の豪華さ。

ビジネスの話も
数百万、数千万ではなく、
数億、数十億といった桁の話も飛び出すので
感覚が麻痺してきます。

それで、今回で、
自分の中にスケール感の既成概念があり、
それが壊れました。

これは自分にとって
非常に大きいことです。

以前は、自分の中に
スケール感の既成概念があるということにさえ
気がついていなかったんですが、

壊れてみて初めて
気がつきました。

自分の中のスケール感が
非常に大きくなりました。

おそらく2まわりくらい
大きくなったんではないかと思います。

大きくダイナミックに
仕事を仕組みたいですね。

以前も
そう思っていたんですが、

やはり、
自分の中のセルフイメージというか
感覚が大きくなると違いますね。

この感覚、
「器」と言っても良いと思いますが、
これが大きくなると
ビジネスが大きくなるんですね。

昔から、
「社長の器以上には、会社は大きくならない」
といわれていますしね。

また、今回、
気がついたことですが、

僕は大学生のころより
結構外国に行っていて、
数えると20数カ国になりますが、

そのため、
普通の日本人より
既成概念が少ないんだな
ということも改めて思いました。

こうやって昔から
旅に行く度に一つ一つ
既成概念が壊れていってたんですね。

それで、
なんとなく自由な感覚。

こうあらねばならないとか、
こうすべきというのが少ない。

世間のルールは知っているけど、
それに縛られずに、
自分のやり方でやっていて、

それでいて
みんなから文句は言われない。

そういう柔軟な思考や行動が
いつのまにか
身についてました。

海外へ出るのは、
やはり重要なことですね。

単に流行やビジネスのネタを仕入れに行く
というだけでなく、

自分のセルフイメージや
ビリーフ(信じ込み、思い込み)が
変わるからですね。

昔、寺山修司が
「書を捨て、街に出よう」
と言いましたが、

今は、
「書を捨て、海外に出よう」
ですね。

頭での勉強ではなく、
体験が非常に重要ですね。

体験を自分のカラダに
刻みつけましょう。

あなたのビジネスが
大きく変わるはずです。

ドバイ、アブダビのある
アラブ首長国連邦(UAE)
はオススメです。

人生観、変わりますよ。

なんで日本人って
こじんまり生きようとしてるんだっけ?
というような(笑)

それでは、今日は、
この辺で。

佐野芳己(サノヨシキ)

カテゴリー: ビリーフ   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">