「キネシオロジーセラピスト 起業・副業セミナー」、刺激的でした!!

[`evernote` not found]
Share on GREE

「キネシオロジーセラピスト 起業・副業セミナー」、刺激的でした!!こんにちは。

サロン経営者・セラピストための
スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

最近、忙しくて
ブログをアップできてなかったんですが、

書かないことが続くと、
たとえ、書く時間ができても、

なぜか筆が重いというか、

以前のようにサクサクは
書けなくなっていたりします。

「習慣」って、
恐ろしいですね。

また書こうと思い、
こうやって書き始めると、

なるほど、
また筆が進み始めた(笑)

気持ちのスイッチを入れるのが、
すごく重要ですね。

でも、不思議なのは、
忙しくてブログのアップや
メルマガ配信出来ていないのに、

なぜか
問い合わせが増えて、
契約も増えていること。

忙しくなると
さらに忙しさが増すという

ビジネスにおいても
「慣性の法則」は健在ですね。

やはり世界は、
エネルギーでできている
ということですね。

さて、
今日の本題です。

土曜日に
ビジネスパートナーである三宅巧一さんと

キネシオロジーセラピストの
白木原雪乃さんのコラボセミナー

「キネシオロジーセラピスト
起業・副業セミナー」
受講してきました。

キネシオロジーって言葉を
初めて聞いたという人も
いるかもしれないので、

解説しておきますね。

キネシオロジーは、
英語で「kinesiology」、

直訳すると「運動学」、
体の動きを研究する学問のことです。

特に有名なのは、
筋反射テストと呼ばれるテストで

カラダの反応を見て

その人にのカラダに
合うもの合わないものを調べたり、

整体などで、
右から施術した方がいいか、
左から施術した方がいいかをみたり、

どちらか一方だけがいいとか、
やらない方がいいとか、

カラダに聞く技術のことを言います。

運動学なので、
ボディセラピーなどに使うのは知っていたし、

一部、メンタルの領域でも
この筋反射テストが有効なのも
知っていました。

ところがです。

なんと
非常に驚いたのは、

たとえば、
お金に対するメンタルブロックの有る無し、

お金を払う方にメンタルブロックが有るのか
お金をもらう方にメンタルブロックが有るのか、

年収いくらでブロックがあるのか、

そういったビジネス面でも
この筋反射テストが有効なことです。

それだけに留まらず、
その人の本当にやりたいことや

理念やビジョンを探るのにも
大変有効でした。

つまり、
筋反射テストによって、
その人の潜在意識にアクセスできる
ということです!!

健在意識はわからなくても、
潜在意識のことは、カラダはよく知っている
ということになります

自分のビジネスを作り上げるのに
いろいろ迷っている人がいますが、

この場合、
このキネシオロジーの筋反射テストが
すごく有効に使えるということです。

これには、
僕もビックリして、

すぐにキネシオロジーを
自分のコンサル・コーチングに
取り入れたいと思いました。

僕も真剣に
キネシオロジーを研究しますので、

おいおい
その気づきをシェアしていきたいと思います。

また、こちらの無料オンライン講座
「キネシオロジーマスター講座」
も始まっていますので、

ぜひ見ていただきたいと思います。
↓ ↓
http://urx.nu/a8RI

 

びっくりすること、
続出です。

キネシオロジーについて
まだ何も知らない人も

興味がなくても、
まずは見ていただきたいと
思います。

それでは、
今日はこの辺で。

また次回。

佐野芳己(サノヨシキ)

追伸
「キネシオロジーセラピスト起業・副業セミナー」
懇親会の模様です^^

キネシオロジーセラピスト起業・副業セミナー

 

カテゴリー: キネシオロジー   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">