ビジネスは恋愛に似ている

[`evernote` not found]
Share on GREE

ビジネスは恋愛に似ているこんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

今日は、
「ビジネスは恋愛に似ている」
をお届けします。

もう、勘のいい人は
わかったかもしれないですね。
タイトルだけで(笑)

集客できない、
商品が売れない・・・
というのは、
かなり片思い状ですね。

つまり、
お客さんは、恋人に似ている。

恋人にプレゼントをあげる時、
相手が喜ぶようなものを選びますよね。

相手のことを考えて
相手の好みなど考慮にいれて
選ぶと思います。

あげた時、
すごく喜んでもらえるように。

そして相手が喜ぶと
自分も嬉しい。

ここで、
ビジネスの話に戻りますが、

相手、
すなわちお客さんがすごく
喜ぶ商品にしていますか?

ありきたりの商品に
なっていませんか?

自問自答してみましょう。

相手がすごく喜ぶ商品であれば、

その商品を
相手の目の前に置くだけで、
大喜びして買ってくれるはずです。

お客さんが
困っていること、欲していることを
十二分に理解していれば、

相手が喜ぶ商品が作れるはずです。

大抵の場合、
自分の勝手な思い込みで決めてしまって、

集客できない、
売れない・・・となっているんです。

お客さん、恋人の
気持ちを理解してますか?

また、
お客さんは誰でもいい、
たくさんの人に売りたい
という人が結構います。

この例えで言うと、
恋人は誰でもいいということに
なってしまいます。

こういう人の場合、
自分のお客さん、
ビジネス上の恋人になる人が誰だか
定まっていない場合ですね。

誰が恋人かわからなければ、
恋人を大喜びさせるプレゼントは
何かわかりません。

みんな趣味嗜好が
違いますから。

ターゲットの明確化、
ビジネス上の恋人を
はっきりさせましょう。

そして、
恋人に思いをお伝えて(告知ですね)
相手の喜ぶプレゼントをする。

理解していただけましたでしょうか?
顧客視点とか、
顧客第一主義とは
こういうことですね。

相手を喜ばせる自分という
セルフイメージでいてください。

あ、それで、
やってほしいセミナーに関する
みなさんのご意見を
お聞かせくださいね。

ビジネス上で疑問に思ったら、
ビジネス上の恋人に聞くのが一番ですから。

それでは、
今日はこの辺で。

また、次回^^

 

カテゴリー: PR(プロモーション), 商品企画   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">