「コピーライティング」と「セールスコピーライティング」

[`evernote` not found]
Share on GREE

「コピーライティング」と「セールスコピーライティング」こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

今、
ランディングページの
セールスコピーを書いています。

無料オファーと呼ばれる
ノウハウを書いたPDFやステップメールを
申し込んでもらうためのWebページ、

よく見かける
長目の縦に長い1枚もののWebページの
コピーですね。

そのランディングページで
メールアドレスを入れてもらうと
その無料オファーがもらえます。

提供する側は、
メールアドレスという見込み客リストができるので、
その数を増やしていくのが目的です。

通常、
広告の文章は、コピーと呼び、
その文章を書くことを
コピーライティングと呼びます。

でも、こうした
すぐに行動を起こしてもらいたい広告の文章を
セールスコピーと言います。

通販広告などで、
「今すぐお電話!」
「今すぐクリック!」など
行動を起こさせるものですね。

通常の広告は
基本、イメージ広告や
ブランド広告で、

知名度を上げたり、
イメージを上げたりと
告知に徹していて、
すぐに行動を起こすものではないですね。

見込み客のマインドシェア
つまり

自社ブランドで
見込み客の心や頭の中の占有率を上げるのが
目的です。

これは、
大企業の戦略です。

今すぐに問い合わせや購買など
何かアクションを起こしてもらうものとは
別物です。

小さな会社や個人は
もちろん、できるだけすぐに
アクションにつながるものでないと
いけませんね。

広告費や労力が
無駄になるかもしれないので、
できるだけすぐに
結果につなげたいわけです。

自分がコピーを書く時は、
大企業の広告をお手本にではなく、

ランディングページや通販広告の
すぐに行動を起こす系の広告を
お手本にしてくださいね。

なので、
すごくかっこいい文章を
書く必要はありません。

目指すのは、

わかりやすくて、
すぐに問い合わせ、
または購入したくなるような文章
セールスコピーです。

それでは、
今日はこの辺で。

また、次回^^

追伸
私は、もともと広告のデザイナーで
コピーライターではないので、

文章を欠けるようになるまで
かなり時間がかかりました(苦笑)

でも、みなさんも
書けるようになりますよ。

最後は「慣れ」です。

励ましになったかな(笑)

 

カテゴリー: コピーライティング, セールスコピーライティング   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">