カンボジアのサロンビジネス

[`evernote` not found]
Share on GREE

カンボジアのサロンビジネスこんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

今回は、カンボジアで
実際にサロンに行ってみましたので、
レポートしますね。

まず、訪れたのは、
カンボジアの首都プノンペン中心地にある
「美・サロン」。

美サロン外

美サロン中

このサロンは、
ケムラさんというカンボジア人女性が経営者ですが、

彼女は、ネイルを日本で学んだ後
母国カンボジアに戻って起業しました。

とても奇麗なお店ですね。

ケムラさんは、日本のテレビ番組
「情熱大陸」に出演したそうです。

僕は、見てなかったので
あいにく知らないんですが・・・

ともかく
記念に写真を撮ってもらいました(笑)

ケラン

それで、
今回のカンボジアへのビジネス視察は、
女性3人、男性3人の計6人で行ったんですが、
女性陣が彼女の店でネイルをしました。

その間、
我々男性陣は、数百メートル先にある
みなさんおすすめの「アンコール・スパ」へ。

こちらは、
マッサージ店です。

お店の雰囲気も
高級なアジアンテイストで
いい感じです。

ダウンタウンのガサツさとは
無縁です。

マッサージを終えた後、
お茶をいただきました。

アンコールスパ

マッサージの値段は1時間で8ドル、
約800円でした。

全体的に
従来のカンボジアのイメージをかけ離れて
やはりサロンもおしゃれでした。

でも、
少し厳しめな目で見ると、

マッサージの仕方や、
顧客の誘導の仕方など、
サービス面における洗練さでは
やはり日本が上を行きます。

日本のサービスの品質、
「おもてなし」は最高ですね。

だから、日本がいい
という短絡的なことではなくて

カンボジアに来て
そういうサービスの品質の高い店は
需要があるし、勝ち残れる。

外国人とカンボジア人富裕層の
マーケットがありますからね。

また、カンボジア人に教えると
彼らはまじめなので、
一生懸命習得し、
世界の富裕層にも重宝がられるでしょう。

東南アジアへ進出して
稼ぐことが、
現地の経済を発展させることにも寄与し、
日本人も潤う。

まだまだ、
ビジネスチャンスだらけですよ。

それでは、
今日はこの辺で^^

p.s.
次回、
なぜ、カンボジアでのビジネスがいいのか、
その辺りをレポートしたいと思います。

 

 

カテゴリー: カンボジア サロン, カンボジア ビジネス, 未分類, 東南アジア ビジネス   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

カンボジアのサロンビジネス への2件のコメント

  1. 佐野貴子 より:

    はじめまして佐野と申します
    昨年よりアジアに住みたいという思いから、来週より2回目のカンボジアに入ります
    4月より住む予定で準備しております
    お話をお聞き出来ましたら嬉しいです
    宜しくお願い致します

    • sano より:

      佐野さん、コメントありがとうございます。

      いただいたメールアドレスの方に、返信いたしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">