カンボジアにビジネス視察

[`evernote` not found]
Share on GREE

カンボジアにビジネス視察こんにちは。

サロン経営者・セラピストのための
スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

6月11日(火)~15日(土)まで
カンボジアへ行ってました。

サロンやスクールと
東南アジアは全く関係ないように感じますが、
そうでもないんですね。

私のクライアントや知人の中に
タイやカンボジアなど東南アジアに
サロンやスクールを出したいという声が
ちらほら聞こえてきます。

一昔前と違い、
実現できる時代になってきました。

海外ビジネス、海外投資の
チャンス到来ですね。

現に一人、
これからタイに美容院を出すんですね。

ことの成り行きを
見極めたいですね。

さて、
ここから本題です。

カンボジアというと

●ポルポト派による虐殺
●地雷
●貧困

といったイメージで

私も行くまで、
カンボジアが今、
こんなにビジネスで熱くなっているとは
まったく想像がつきませんでした。

しかしよく考えてみれば、

地理的にいえば、
タイとベトナムに挟まれていて

タイとベトナムが経済発展しているので、
その勢いで自然に発展してきているんですね。

しかし、
その発展のスピードは
想像以上に早く、

ショッピングセンターやホテルなど
大プロジェクトが乱立しています。

泊まったホテルは、
SOFITEL(ソフィテル)といい、
フランス資本で、
すごく豪華な作りでした。

ソフィテル中

ソフィテルプール

東京やヨーロッパの高級ホテルにいるのと
かわりがありません。

3ヶ月前にタイへ行きましたが、
タイの高級ホテルとも
まったく同レベルですね。

ホテルの隣には
イオンのショッピングモールも
建設中でした。

イオン.JP

船橋ららぽーとと同様の面積で
今後が期待できます。

また、町中で走る
レクサスの量は、
日本以上です。

カンボジアでレクサスは
1500万円するということで、
富裕層の多さが伺えます。

プノンペン全体的には、
すさまじい経済発展をとげていますが、

少し郊外に行けば、以前のままだし、
貧富の差も激しく、
今後の舵取りが注目されます。

また、
多くの日本人が
飲食店やサロンなど
プノンペンにお店を出しています。

価格は日本より少し安めだけど、
こちらの物価からすれば高い価格で、
外国人やカンボジアの富裕層狙い、

でも、
人件費や土地代は安いので
日本よりも儲かるというわけです。

現時点で
ビジネスに対する縛りが緩いので
多くの外国人がカンボジアに進出しています。

世界遺産に登録されている
アンコール・ワットもあるので、
ますます外国人観光客が来る数も
増えますね。

興味がある人は、
ぜひ行かれるといいと思います。

私もまた行くと思いますので、
行きたい人はご連絡くださいませ。

想像を遥かに超える
ビジネス発展国
カンボジアでした。

それでは、
また次回^^

カテゴリー: カンボジア サロン, カンボジア ビジネス, 東南アジア ビジネス   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">