キャッチコピーは、頭とハートを同時に撃ち抜け!

[`evernote` not found]
Share on GREE

キャッチコピーは、頭とハートを同時に撃ち抜け!こんにちは。

サロン経営者・セラピストのための
スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

春らしくなってきているかと思えば、
また寒かったり、暖かったり
一進一退ですね。

毎朝、着る服を
考えてしまいますね(笑)

さて、
今日は、キャッチコピーに関して
お伝えします。

具体的な技術より、
まずベースとなる考え方について
お伝えしますね。

ところで、
キャッチコピーって
何でしょう?

キャッチ(捕らえる)、
コピー(広告文案)ですから、
気を引くための広告の文章、
ということですね。

当たり前か(笑)

でも、
いつも言葉の定義をすることは大切なので、
習慣付けるようにしてくださいね。

特に、
カタカナの言葉は、
わかっているつもりで、

かなり人によって
意味合いが違って使っていることもあるので、
要注意です。
コンセプトとか、デザインとか・・・。

さて、
本題に戻って、

キャッチコピーは、
見ている人の気をひかなければなりません。

みんな忙しいし、
そのコピーの前を
あっという間にとおり過ぎていきますからね。

ブログのタイトルにも書きましたが、
「キャッチコピーは、頭とハートを同時に撃ち抜け!」

これが、実は大切なんです。

頭を撃ち抜く、
つまり、論理性で相手を魅了する。
お得!、便利! 優秀!など。

次に
ハートを撃ち抜く、
つまり、情緒面(感情面)で相手を魅了する。
好き! お洒落! カッコイイ、いい感じ!

広告では、この論理での説得と、
情緒での説得の2つを同時にやっているわけです。

もう少し詳しく解説します。

例えば、
ここに歯ブラシのCMがあるとします。

一つは、
有名な歯科医の先生が出てきて解説し、

キャッチコピーは
「97%の歯科医が、
その機能性について優れていると言いました。」

歯医者さんに認められた歯ブラシという訴求ですね。
論理的訴求の典型。

もう一つは、
今売れている好感度なタレントが出てきて、
「これいいね、すごく使いやすい歯ブラシだよ。
最新技術なんだって。」
というパターン。

これは、
タレントの持つ好感度を使って、
見る人の感情に訴えかけるパターンですね。

極端な例かもしれませんが、

広告制作者は、
この2つの訴求方法を
できるだけ同時に叶えるように
制作しています。

もし
すごく有名な歯科医で
かなり好感度の高い先生がいれば、
両方が叶いますね。

自分がキャッチコピーを書くとき、
広告を作るとき、
論理と情緒の2つを同時に訴求できるよう、
心掛けたいですね。

頭の隅に意識して、
キャッチコピーを書いてみてください。

さて、
今日は、この辺で。
また次回に。

佐野芳己

 

追伸
私の知人である今井孝さんが
以前公開されて好評だった
たった90分で『お金に対するメンタルブロック』をはずす
というWebセミナーを再開するようです。

もちろん【無料】公開です。

今井さんは、
『お金に対するメンタルブロック』を外すことで
大きな成果を上げてきたんですね。

以前ご覧になった方たちの
「是非、友人にも教えてあげたい」
という声が多かったために、
今回、第2回を開催する運びになったようです。

なので、
このチャンスを逃さないでください!

“エントリー期限が4月9日(火)まで”の
ごく限られた人にしか告知されないいう事なので、
見逃す事が無いよう早めに登録してくださいね。
http://bit.ly/TQbrW9

カテゴリー: コピーライティング   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">