Lineのビジネス活用

[`evernote` not found]
Share on GREE

Lineのビジネス活用こんにちは。

サロン経営者(自宅サロン・個人サロン)
セラピスト・サロネーゼのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

昨日は、
ベビーマッサージをやってらっしゃる
女性のMさん(三重県在住)の
個別相談を行いました。
(Mさん、お疲れさまでした^^)

通常、遠方の方は、
Skypeで話すんですが、
昨日は初めてLineを使いました。

Line

Mさんから問い合わせがあった時、
SkypeとLineの2つのIDを
載せておいたんですが、

彼女は、
私のLineのIDで私を捜して
メッセージをくれました。

実際使ってみて思うのは、
Lineは、メッセージもやり取りできるし、
通話もこれひとつで出来る。
しかも無料で。

便利ですね。

Lineは、
若年層や女性とのコミュニケーションに
非常にいいと思います。

普段の友人関係だけでなく、
ビジネスにも。

また、通常は、
メールまたは
Facebookのメッセージでやり取りして、
その後Skypeで行ってますが、

ITが苦手な人は、
Skype自体が敷居が高いので、
Lineは年配の方にもいいですね。

それと、
メッセージのやり取りをして思うのは、

Lineは、
やはりメールやFacebookより
さらにカジュアルで親しみが湧きます。

環境がくだけてますしね。
絵文字やスタンプもあるし。

親しくなるのに有効です^^

あと、よくあるのが、
Lineでいろんなゲームをやっていると、

ランキングに
昔の同僚や友人が高得点で出て来たりして、

その際メッセージを送ったり、
ポイントをあげたりして
また仲良くなったりします。

これ、
お客さんとの間でも
起こりえますよね。

固いビジネスなどは
Lineのビジネス活用は難しい
かもしれないけど、

アメブロを読んでいるよう人には、
双方向コミュニケーションツールとして、
Lineはすごく活用できそうです。

ちなみに私の
LineのIDは、
————–
ysano777
————–
です。

Lineやっている人は
探してみて、メッセージをくださいね。

友達に追加させていただきます^^

ただ、
最近、女性の名前で
アダルトの勧誘などもあるので、

「ブログ読者の○○○○」ですと
本名を入れてくださいね。

Lineはニックネームでやっている人が多くて、
誰だかわかりませんので。

さて、今日は、
「お客さんと仲良くなるために
Lineを積極的に活用しよう」
というお話でした。

それでは、今日はこの辺で。
また、メールします。

追伸
無料メール講座とメルマガを発行しています。
よろしかったら、ご購読ください^^

【スクール事業・養成講座】の始め方 7日間・無料メール講座

無料メルマガ【CR通信】・平日毎日配信

カテゴリー: LINE 活用法   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">