異業種交流会の活用法

[`evernote` not found]
Share on GREE

異業種交流会の活用法こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

先日は、久しぶりに
大きめの異業種交流会に
出ていました。

約50人くらいだったかと
思います。

普段は、
私はあまり大きな交流会に
参加してません。

というのも、

会が大きすぎると、
名刺だけ交換して
何もつながらない、
ということが多いからです。

半年くらい経つと
誰だかさっぱりわからない名刺がどっさり
なんてことも以前は多々ありました。

なので、
普段はなるべく小ぶりな交流会に
参加します。

私自身も
ランチ交流会をしていますが、
7~8人くらいまでがちょうどいいです。

それで、
先日の交流会ですが、
友人の主催のため
参加しました。

交流会に参加するというよりも、
主催者を含め
数人の知人と酒を飲むために行った、
と言う感じですね。実は。

で、

会が始まって、
やはり思うのは、
繋がる人としか繋がらないんです。

合わない人は、
やはり合わない。

私は比較的
人当たりが柔らかいので
人を拒絶する感じはないはずなんですが(笑)

・・・
見てると、
売り込んでいる人がいますね。

そばで聞いていると
自分の話しかしていない。

ああ、
こういう人はダメだ・・・

わかりますよね。
人のことだと。

自分の話ばかりしていて
売り込みに必死になっていると
相手は引くばかりですね。

名刺を交換したら、
できるだけ相手に話しをさせる、
これが基本。

自分ではなく、
相手を先に。

だって、
相手が何をしていて
何に困っているか
知りたいじゃないですか。

わかります?

また、
このモードだと、
自分と同じモードの人を
すごく探しやすいですよね。

異業種交流会では、
つまりお客さんを探すのではなく
ビジネスパ-トナーを探す。

自分の商品・サービスを
売り込む相手を探すのではなく、
自分と一緒にビジネスする人、仲間を探す。

これがコツです。

別の言い方をすると、
相手からお金をいただく人を探すのではなく、
自分と組むと相手にお金をもたらす人を探す。

これです。

このマインドセット(こころ構え)で
随分と結果は変わります。

昨日は、
起業家マインドにあふれる
社会保険労務士の方と知り合いました。

また近々
会って話すことになりました。

これで、
私の交流会への参加は、
意味のあるものとなりました。

私は、
経営やマーケティングに対して意識の高い
士業の人と
一緒に仕事をしたいと思っています。

そういう意味で、
今後が楽しみです。

さて、
みなさんも交流会に
出てみたくなりました?

それでは、
今日はこの辺で。

カテゴリー: ジョイントベンチャー, ビジネスマッチング, 異業種交流会   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">