メルマガが、あなたの年商を決める

[`evernote` not found]
Share on GREE

メルマガが、あなたの年商を決めるこんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

前回、
集客ツールとしてのメルマガの重要性について
お伝えしました。

今日は、
また重要なことを
お伝えします。

結論から言いますが、

コーチ、コンサルタントなど
形のないサービスを提供している
個人ビジネスでは、
——————————————————
メルマガの登録数×1万円=年商
——————————————————
ということがわかってきました。

つまり

メルマガ読者1,000人⇒年商1,000万円
メルマガ読者3,000人⇒年商3,000万円
メルマガ読者5,000人⇒年商5,000万円
メルマガ読者10,000人⇒年商1億円

ということです。

(物販系の人は、
年商を利益と変えてみるといいかもしれません)

これから独立して1000万円稼ぎたいと思ったら、
メルマガ読者をまず1,000人集めることをやればいい
というわけです。

独立する前から、
メルマガ読者という見込み客リストを1,000人集めておけば、
すぐに年商1,000万円になるポテンシャルがある、
ということです。

もちろんポテンシャルという可能性ですが。

その後の商品設計や
クロージングの仕方などに
売り上げは、左右されますからね。

GoogleやYahoo!などの
検索時に出るPPC広告(キーワード広告)ですが

通常1リスト取るのに、
つまりメルマガ読者となるメールアドレスを獲得するのに、
約1,000円かかると言われています。

有名な人で1,000円で、
名が売れていないと2~3,000円かかったりします。

一瞬高いと思いますが、

よく考えてみると、
メルマガ読者一人が1万円を生み出すわけだから、
一人獲得するのに2~3,000円しかかからないので、
7~8,000円の利益が出る計算になりますね。

理に叶っています。

アフィリエイターに協力してもらって
メールアドレスを取得した場合、

アフィリエイト料は、
通常、メールアドレス1つに対して
300~700円を支払います。

PPC広告に比べて、
割安ですね。

もちろん、
無料でコツコツとメルマガ読者を集めるも良し、
お金をかけて早く集めるも良し、

それは、本人の考え方次第ですね。

いずれにせよ、
欲しい年商に対して、
メルマガ読者数がわかるので、

目標値としていいですね。

年商1,000万円にしたい人は、メルマガ読者を1,000名に
年商3,000万円にしたい人は、メルマガ読者を3,000名に
年商5,000万円にしたい人は、メルマガ読者を5,000名に
ですね。

さあ、
メルマガ読者を集める仕組みに
取りかかりたくなってきましたね。

それでは、
今日はこの辺で。

 

追伸
アメリカのNo.1マーケッター、
ジェイ・エイブラハムの
売上を2倍にする無料ワークショップ」がありますね。

ジェイのビジネス方法論は、
いつも既成概念がなく創造的で驚かせられます。

何か飛躍が欲しい人には、オススメです。
http://bit.ly/13tf1bW

 

 

カテゴリー: メルマガ 集客, 経営企画, 集客方法   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">