WordPressがSEOに強い理由(その2)

[`evernote` not found]
Share on GREE

WordPressがSEOに強い理由(その2)こんにちは。

サロン経営者・セラピストのための
スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

それでは、早速
WordPressがSEOに強い理由(その2)を
始めたいと思います。

前回、
Googleの検索アルゴリズムの開発責任者である、
マット・カッツ(Matt Cutts)氏が

WordPress(ワードプレス)が、
SEO手法の80%~90%に対応するように作られている
と言ったことは述べました。

それを踏まえて、
少し中身を解説します。

まず、

WordPressは、基本ブログシステムですから、
———————————————
見出しや内部リンクが、更新時に自動的に最適化される
———————————————
ということです。

つまり、

公開後に、
ユーザー側で記事や新着情報などを更新する時、

システムに沿って作成していくだけで
自動的に「各見出し」「本文」「内部リンク」などが
整然と表記され、

自然と検索エンジンが
読み込みやすいページになります。

ひとことでいうと
機械が作るので
機械に探し出されやすい
ということですね。

また、
———————————————
更新が簡単にできるので、サイトが常に最新な状態となる
———————————————
といえます。

通常のホームページでは、
作った後かなり長期にわたり更新していないものもあり、

それに対して、
WordPressなら、ブログシステムなので、
更新が頻繁にできるので、
常に最新の状態となります。

———————————————
WordPressには、様々なプラグインがあり、
プラグインを入れることで、セルフSEOが可能
———————————————
WordPressなら、
なんでもいつでもSEOに強いと思っている人が多いんですが、
それは少し勘違いです。

自分でSEOに対処できるから、
きちんとSEO対策すれば順位が上がる、

つまり、
SEOに強いということになります。

検索されるキーワードを盛り込まず、
普通に日記ブログを続ければ、
もちろんWordPressでも検索順位はあがりません。

自分でSEO対策できるプラグイン、
代表格は、「All in One SEO Pack」で、
私もこれを入れています。

こちらが管理画面から
「All in One SEO Pack」の部分を見た状態。

オールインパック

●タイトル
●Disicription
●キーワード
を自分で打ち込みます。

もちろん、検索されるワードを意識して、
ですね。

プラグイン「All in One SEO Pack」
ダウンロードは、こちらから。
http://wordpress.org/extend/plugins/all-in-one-seo-pack/

また、
こんなブログ記事もありますね。

あきれるほど強い!SEOバッチリなWordPress プラグイン35
http://commte.net/blog/archives/2068

ただし、
ここでご注意ですが、

Web制作業者や
Webが好き、またはWebが得意という人以外は
WordPressの構築は
自分でやらないほうがいいと思います。

自分でサクサクできるのであればいいですが、
止まってしまうのであれば、
プロにまかせた方がいいです。

プロに任せて構築してもらって、
キーワードの選定やブログを書く方に専念した方が、
絶対にいいです。結果が出ますから。

かなりの人が、
WordPressの構築を自分でやろうとして、
そこで挫折してそのままという人が大過ぎです。
本末転倒。もったいない!

WordPressは、自分でSEOができる
カメラでいうと一眼レフのようなもの。

カスタマイズできる代わりに
ちょっと専門的な知識が必要です。

コンパクトデジカメとは違います。

性能が良い分、
コントロールする力量も問われますので、
構築はプロに任せて、
セルフSEOの力を高めましょう。

それでは、
今日は、この辺で。

また、次回^^

 

カテゴリー: WordPress SEO   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">