最強のマーケティング手法、それは「紹介マーケティング」

[`evernote` not found]
Share on GREE

最強のマーケティング手法、それは「紹介マーケティング」こんにちは。

サロン経営者・セラピストのための
スクール開業・集客支援コンサルタントの佐野芳己(サノヨシキ)です。

春らしくなった来ましたね。
それはすごくいいことなんですが、

佐野の場合、
花粉症がひどくて辛い毎日です。

みなさんは、
いかがですか。

さて、

今日は、
最強のマーケティングについて
お話したいと思います。
それは・・・

————————-
「紹介マーケティング」
————————-
です。

なあんだと思った方が
いらっしゃるかもしれませんが、

いろいろなマーケティング手法があれど、
やはり一番強力なのは、
「紹介」ですね。

それは、
サロンでも、スクールでも
変わりません。

自分が営業しなくても、
紹介者によってお客さんを
勝手に連れてきてくれる。

いいですよね。

おまけに

紹介は、なんといっても
顧客との間の信頼関係を構築をしなくても、

すでに紹介者によって、
自分の商品やサービスについて
話してくれているので、

ある一定のレベルまで持ち上げられていて、
信頼されています。

これを「Tアップ」といいます。

もともとTアップとは、
ゴルフで最初の1打を打つときに
ピンでボールを少し浮かせますよね、あれのことです。

転じて、
人柄や能力を事前に持ち上げることを
言うようになりました。

通常の顧客とは違って、
紹介されてきた顧客には、
自分がすでにTアップされている状態だということです。

いいいですよね。
手間が省けて。

私のようなコンサルタントも、
先生といわれているコンサルタントから紹介されると、
私もすぐに先生として信頼されて
本当にやりやすいです。

紹介、素晴しいですね。

そこで、
ビジネスをうまく回すには、
この紹介をどんどん増やしていく必要があります。

そして、
よく聞かれます。

「佐野さん、紹介はすごくいいと思うんですけど、
あまり私は紹介されないんですよ。」と。

そういう時は、
なぜかがはっきりしています。

それは、その人が普段
紹介をしていないのです。

人に他の人やお店や商品を
積極的に紹介していないんです。

「鏡の法則」ともいいますが、
紹介されるには、
普段から自分が紹介している必要があります。

どんどん紹介してみましょう。

どんどんと紹介している人になると、
どんどんと紹介される人になります。

しかし、
闇雲に紹介というわけではなく、

やはり、この人にはこの人、
あの人にはあの店というように
イマジネーションを働かせて、
相性というのも考慮しないといけませんよね。
少しの手間がかかりますが、
その分、より良い効果を産みますよ。

ぜひ、やってみてください。
今日は、
紹介マーケティングについて
お話ししました。

それで、その流れで
今日は一つご紹介したいと思います。
このブログでも、何度か登場している
「一般社団法人 日本マーケティングコーチ協会」ですが、

マーケティングコーチの
北野哲正さんと井口晃さんで運営されています。

その二人の動画コンテンツ、

4週間に渡る「マーケティングコーチ養成講座」が
「完全無料」で見られます。

3月25日(月)までの限定だそうなので、
お早めに。

———————————————
マーケティングコーチ養成講座(完全無料)
http://bit.ly/161ZljE
———————————————

昨年、私は、この4週間に渡る動画を見たあと、
マーケティングコーチの本講座に申し込みました。

もちろん、
申し込む必要はありません。

この無料動画を見るだけでも
非常に価値があると思います。

マーケティング、コーチング、どちらか、
あるいか両方にご興味ある方は
ぜひご覧になってください。

いいものの紹介には
熱が入りますね。
http://bit.ly/161ZljE

私も日本マーケティングコーチ協会の講座に出て、
さらに結果が出ています。

どんどんとインプット、
そしてアウトプットをしていきましょう。

今日は、紹介マーケティングについてでした。

それでは、
今日は、この辺で。

また次回^^

カテゴリー: マーケティング   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">