整理すると、問題が浮上する


こんにちは。
佐野です。

4月13日が
「ものづくり補助金」の締め切りのため、
最後の詰めをケンケンガクガクやってます。

大型プロジェクトがあり、
今週が最後の一山です。

これが終わると、
お待たせしました、
個人事業主も販促に使える
「持続化補助金」の申請を本格化させます。

販促に使った経費の3分の2、
最大50万円が支給されるので
チャンスです。

経済産業省内の
中小企業庁から支給されるもので、

もちろん
アベノミクスの一環です。

対象は、
●ホームページの作成・改修
●ランディングページ作成
●動画作成
●ネット広告出稿
●チラシやポスター、パンフレットの作成
●ポスティング
●雑誌広告や折り込み広告
●展示会出展
●セミナー開催(会場費)
●店頭・店内改修
●ロゴやパッケージデザインの開発
●メニュー開発など助言する専門家謝金
などなど。

申請書の作成サポートと
プロモーション全体のプロデュースを行っていますので、
ご興味ある方は、ご連絡くださいませ。

ちなみに
私とビジネスパートナーの2人で
申請サポートをやってますが、
昨年最終期の採択率は78%でした。

一般の採択率は30%程度です。

申請する場合は、
書き手は私たち以外にもいろいろいらしゃいますが、

言えることは、
自分で書こうとせずに
プロに任せた方がいいということです。

餅は餅屋です。

さて、
今日の本題です。

「ものづくり補助金」のミーティング時に
中小企業診断士のある方がこう言いました。

—————————
「キレイにすると、
問題が浮上する」
—————————

これは工場の中の話で、

工場をキレイにすると、
キレイにしただけでなく、
付随したいろいろな問題が
浮き彫りにされてくる、

ということを言っているのでした。

聞いてすぐにこれは
工場だけの話ではないと思いました。

「心」も「身の回り」も同じ。

その時、先日の高橋ライチさん
20分「傾聴」コーチングを
受けた時のことを思い出していました。

外注スタッフを
どううまく管理すればいいか
という話だったんですが、

新しいスタッフも見つけるべきだ
といことになり、

その方法をいくつか洗い出し、

その後、
現状の仕事にはこうだけど
それだけでいいのか、

もっと新しい仕事もあるのではないか
新しいクライアント獲得はどうする・・・
と問題が飛び火してきました。

つまり、
いろいろ整理整頓して片付けると、
今まで見えてなかった問題が見えてきます。

問題を認識して初めて
それに対処できるので、
やはり整理整頓・片付けは重要ですね。

(ライチさんの傾聴力も
すごいので感謝です。)

ぬいぐるみ整理整頓

心も、そして身の回りも
十分に整理整頓、片付けて、
問題を掘り起こして
対処していきましょう。

コーチ、コンサルの方は
人にやるばかりではなく、
自分が受けることを定期的に行った方がいいです。
オススメです。

私の一番のオススメは、
戦略を考えてくれるコンサルと
マインドやメンタル面をサポートするコーチの
二人つけるのが理想です。

コストがかかりますが、
自分の経営チームを作るという観点でいけば
そうなりますね。

実際、社員一人雇うより
全然安いです。

この辺のマインドのシフトチェンジも
次のステージへ上がるには重要なことですが、
これはまた別の機会にしたいと思います。

それでは、
今日は、この辺で。

佐野

p.s.
自分の経営チームを作るといえば、
この本がオススメです。
———————————-
ドラッカーが教える
最強の経営チームのつくり方
山下淳一郎(著)
———————————-

 

 

カテゴリー: 整理整頓, 行動・習慣 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

アクティブ「傾聴」の極意


こんにちは。
佐野です。

昨日は、茨城県まで
ある補助金の打ち合わせをしに
ビジネスパートナーたちと行っていました。

補助金額2000万円を
取りに行くプロジェクトです。

これから1ヶ月、
準備にいそしみます^^

さて、
先日、高橋ライチさんの
20分「傾聴」コーチングを受けてみた
お話をしましたが、

2回目を受けてみて、
今回の気づきをシェアします。

コンサルタントをしていると
相手から意見、アドバイスを求められので、
自分の方からコメントしてしまいますが、

コーチング、
特に「傾聴」においては、
自分の方から意見を
できるだけ言わないようにします。

つまり、
相手の言うことを繰り返して
随時確認します。

「●●が問題だとお考えなんですね。」

「●●すればいいということですね。」

など。

そして、
今回の高橋ライチさんの
20分「傾聴」コーチングを終えると、

みうらじゅん氏のある言葉を
思いだしていました。

—————————————–
「そもそも
何かをプロデュースするという行為は、
自分をなくしていくことです。」
—————————————–

この言葉は実に深くて、

プロデュースの場合、
プロデュースされる人や物が主体だから、
プロデューサーは影の存在。

コーチも、
クライアントまたは
クライアントが話していることが

主体なわけだから
「自分の存在を消す」
という意識にした方がいいのかもしれない
ということです。

自分の存在を消していきながら、
より深く相手から聞き出すために
するどい質問を投げかける、

ですね。

また、その後、
YouTubeのことを調べていたら、
斎藤一人さんの下記の音声動画を見つけ
久しぶりに聞いてみました。

後半、
—————————————–
「相手にとって
心地よい合いの手をいれる」
—————————————–
というくだりが出てきました。

アクティブ「傾聴」の極意ですね。
コーチング、そのものです。

斎藤一人 魅力的な考え方
~豊かな考え方が人の心に火を灯す~
(合いの手の話は、12分30秒くらいからです)

前半の観光旅行の話も
すばらしい。

気づきの多い今日この頃です(笑)
アクティブに傾聴、
アクティブに自分を消すの話でした。

それでは、
今日はこの辺で。

カテゴリー: 傾聴 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

20分「傾聴」コーチングの効果は?


私の友人で
高橋ライチさんという
女性カウンセラー・コーチがいます。

高橋ライチさん研修風景

高橋ライチさん研修風景

(写真は高橋ライチさんのサイトよりお借りしました。)
http://www.tangerine-labo.com/

通常、コーチングって、
1時間~1時間半が基本なんですが、

彼女には、
20分「傾聴」コーチング
っていうメニューがあると聞き、
受けてみました。

最初、20分って短くないのかな、
と思うんですが、

実際受けてみると、
結構いろんなことが解決できて
びっくりしました。

最初の10分で
情報の整理整頓、

次の10分で
感情面の整理整頓
という感じです。

特に、
「傾聴」っていうのは前から知っていたし、
私もセッションでそれなりに使っていましたが
改めてすごいなと思いました。

というのは、
「傾聴」って
日本語では、耳を傾けるというように
何でもない感じなんですが、

英語でいうと
「アクティブリスニング」。

「傾聴」っていうより、
「積極的に聞き入る」
というニュアンスなんですね。

本当に積極的に質問して
聞いています。

私は常日ごろ、
コンサルタントをしていますので、
「こうしたらどうですか?」と
アドバイスしたりするんですが、

それよりも
本人に聞いて、
本人の言葉で言ったことから
結論づけるので、

本人に納得感、
腑に落ちる感 じが強い印象です。

あらためてコーチングの力、
傾聴の力を感じました。

ふと考えてみると、
20分「傾聴」コーチングをマスターしたら、
法人向けに社員コーチングも可能ですね。

1時間なら3人もできますからね。
法人メニューに最適。

私もちょっと
考えてみよう^^

でも、なんでたった20分で
いろいろわかるんだろう?

また来週受けることにしてるので、
その理由を探ってみます(笑)

それでは、今日は、
女性カウンセラーでコーチの
高橋ライチさんの
20分「傾聴」コーチングからの気づきでした。

http://ameblo.jp/lychee-tangerine/

それでは、また^^

カテゴリー: コーチング, 傾聴 | タグ: , , , , , , , , , | コメントをどうぞ