LINE@で集客する

[`evernote` not found]
Share on GREE

LINE@で集客するスクリーンショット 2013-07-14 6.47.44

こんにちは。

サロン経営者・セラピストなど
独自技術を持つスペシャリストのための

スクール開業・集客支援コンサルタントの
佐野芳己(サノヨシキ)です。

ところで、みなさん、
LINEやってますか?

7月23日の時点で
世界のLINEユーザーが
2億人を超えました。

これまでも増加のスピードは早かったのですが、
ここに来て、さらに加速度がついてきたようです。

東南アジアや南米、ヨーロッパでも
増えてきているようです。

そういえば、
私も3月にタイに行った時、
地下鉄で若者がLINEやってるのを
よく見かけました。

詳しい記事はこちら
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130723/493363/

それで、
最近私はLINEについて
研究を続けています。

LINEが、
お店をされている方にとって
非常にすぐれた集客方法であるためです。

LINEには、
———————————————————-
●LINEの通常の個人アカウント
●大企業向けの公式アカウント
●小さなお店向けのLINE@(ライン・アット)
———————————————————-
という3つのアカウントが存在します。

ユニクロや無印良品といった
大企業向けの公式アカウントは
初期費用200万円、月額150万円~と
まさに大企業向け。

それに対し、LINE@は、
初期費用5250円、月額5250円と
非常にリーズナブル。

普段の個人アカウントと同じように
お店のアカウントが作れます。

それで、
LINEのいいところは、
プッシュ型のメディアであるということ。

通常のブログやホームページは
プル型メディアで、
お客さんの方から見に来てもらわないと
情報が伝わりません。

いわば、待ちのメディアです。

それに引き換え
LINEはこちらから
お客さんに情報を送れる
プッシュ型のメディアです。

メルマガに似ていますね。

Facebook、Twitterがみんなにオープンなのに対して、
LINEはクローズドで親近感も高いですね。

しかも、現在のところ
LINEでの企業やお店からのメッセージの開封率は
50~60%と高く、
かなりの確率で読んでくれます。

さらに、いいいことは、
まだLINE@をやっているお店が
少ないということです。

やるなら、今ですね。

そう、
歴史は繰り返す。

インターネットの世界では、
これまでもずっとそうだったんですが、
「先行者利益」というものがあります。

先にやった者が得をする、
というルールです。

ブログもメルマガも
ネットショップもアフィリエイトも
先に始めた人が
断然有利でしたね。

お客さんの
LINEの友達が少ない今だから
旬であって、

友達が多すぎる頃になったら、
もう多すぎるので、
そこに入れてもらえる確率が
非常に下がると思いませんか?

後でやるなら、
今から取り組んで
ノウハウ貯めた方が得策ですね。

来月8月には、
LINEの集客セミナーをしようと
準備しています。

ご興味ある方は、
気軽にお越しくださいね。

それでは、
今日はこの辺で。

 

追伸:
今月7月は、
今週末28日(日)の
WordPressブログ集客セミナーです。

4時間のセミナーで、
WordPressだけでなく、
ネット集客の基本をしっかりお伝えします。

まだ若干お席がありますので、
休日お時間ある方は少し勉強に投資してみませんか?
————————————————–
”広告宣伝費0円で、自動集客しませんか?”

サロン経営者・セラピストのための
WordPressブログ集客セミナー(計4時間)
⇒ http://www.reservestock.jp/events/17643
————————————————–

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: LINE 集客, 店舗 集客, 集客方法   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">