ニューロロジカルレベルの話

[`evernote` not found]
Share on GREE

ニューロロジカルレベルの話こんにちは。

自宅サロン・個人サロンなど
サロン経営者・セラピスト・サロネーゼのための

スクール開業・集客支援コンサルタント
佐野芳己(サノヨシキ)です。

前回、「商人」という
セルフイメージの話をしました。

さて、今日は、
セルフイメージから
その続きをお話ししますね。

以前、
成功には、
知識と心理が影響していて、

その比率は
2:8だとお伝えしました。

どうすれば、
成功するのかを知ったとしても

心理面が大きく影響するので、

心理面が整わないと
うまくいく可能性は低い
ということでしたね。

この心理面の影響の具合を
5段階に表したものが
「ニューロロジカルレベル」です。

NLP(神経言語プログラミング)
における専門用語で、

これをまとめたのは、
ロバート・ディルツ博士です。

それで、
この「ニューロロジカルレベル」とは、

1.自己認識(セルフイメージ)
2.信念・価値観
3.能力
4.行動
5.環境

の5段階を表します。

ニューロロジカルレベル図

例えば、
「なぜその仕事をするのですか?」
という質問に対し、

「職場が自分の家に近いから」
と答えた場合、

5番の「環境」の認識
仕事をしていると言えます。

「その仕事をするのが好きだから」
と答えたら、
4番の行動、

「その仕事が得意だから」
と答えたら、
3番の能力、

そして、

「その仕事を通じて、
世界をこんな風に変えたいから。
社会貢献したいから」
という場合、

2番の信念・価値観
仕事をしていると言えます。

「職場が自分の家に近いから」
という認識と

「その仕事を通じて、
世界をこんな風に変えたいから」
という認識で

仕事のパフォーマンスが変わってくることは
間違いないですよね。

その人がどう思っているか
その心理の状況で
結果は大きく変わるということです。

それで、面白いのは、

「信念・価値観」より、
「自己認識(セルフイメージ)」の方が
上位にあるということです。

「その仕事を通じて、
世界をこんな風に変えたいから」
という価値観より、

「自分は商人である」
「自分は先生である」
「自分はクリエイターである」
「自分はセラピストである」

といったセルフイメージが
よりパフォーマンスに影響する
ということです。

また、
「私には才能がない」
というセルフイメージがあると

パフォーマンスが落ちることは
言うまでもないですね。

ポジティブな人は、
「私には才能がない」ではなく、
「私には努力が足りない」という認識を持ち、

仮に今は出来なくても、
努力すればいいだけだ、
やがて出来ると信じています。

そういうセルフイメージです。

自分の根っこの部分で、
自分をどう思っているのか、

それがパフォーマンスに影響するので
非常に大切ですね。

自分自身を振り返り
いいイメージに持つように
していきたいですね。

今日は、
「ニューロロジカルレベル」
のお話しでした。

それでは、また、
次回^^

カテゴリー: ニューロロジカルレベル, NLP   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">